作品画像

金井 千絵 水彩風景画展
−西南ドイツからスイスへ 2−

2008年11月19日(水)〜11月24日(月)
12:00−19:00(最終日16:00まで)
会期中無休

昨年6月、ギャラリー東京映像で、ドイツ、スイスなど作家ヘッセを訪ねた取材旅行の最初の作品を発表いたしました。
それから約1年、さらに描き続けた新作を約25点展示することにいたしました。
ドイツのハイデルベルクやフライブルクからスイスのチューリヒやシュプリューゲン、イタリア国境に近いルガーノ湖まで歩いて見つけた美しい風景を1点1点水彩で描いた作品をぜひご覧ください。
会場にてお待ちしています。

― 金井 千絵

■作品紹介
作品サムネイル 作品サムネイル 作品サムネイル 作品サムネイル
※クリックすると別ウィンドウが開きます
プロフィール
金井 千絵(かない ちえ)

熱海に生まれ、建築の専門学校を卒業後、大林組に入社。
長年の夢だった絵画の制作を開始したのは子育て終了後だった。
2000年、雑誌「詩とメルヘン」のイラストコンクールで最優秀賞を受賞して、
デビュー。
やがてヨーロッパの風景を描き出す。
2004年 2月 アイルランド展
2005年10月 ドイツ北の町・海・森へ
2007年 6月 西南ドイツからスイスへ(すべてギャラリー東京映像)
その他、京都でも個展(2004年、2008年)。

現在、我孫子市在住。
(写真は2005年9月、ドイツのガイエンホーフェン、ヘッセ記念館の前で撮影)