作品画像

川上俊子展
KAWAKAMI TOSHIKO ART WORKS
−もうひとつの心象・フィレンツェの風と共に−

2008年9月3日(水)〜8日(月)
12:00−19:00(最終日16:00まで)
会期中無休

常に自分を衝き動かす物は、
時を重ねて創られる自然の成り立ちであり、
その動向であり、その風化である。
そこに残された直線と曲線、様々な断片、
それらが醸し出す音を聴きたい・・・
― 川上 俊子

■作品紹介
作品サムネイル 作品サムネイル 作品サムネイル 作品サムネイル
※クリックすると別ウィンドウが開きます
プロフィール
東京生まれ。武蔵野美術大学造形学部商業デザイン科卒。
広告制作プロダクション、シーエムセンター、サン・アドにてグラフィックデザイナーとして勤務。
1993年渡伊。フィレンツェ、アカダミア美術大学などで、陶器、彫刻を学ぶ。
1996年以降、数々のグループ展、公募展に参加。
1996年
国際陶磁器公募展(サレルノ)2位受賞。
1998年
国際陶磁器公募展(サレルノ)1位受賞、
野外彫刻公募展(北イタリア・バルジェ)1位受賞。