作品画像

河田ヒロの水彩イラストレーション
−イギリス COUNTRY LIVING誌の仕事 10年展−

2008年7月9日(水)〜21日(月)
12:00−19:00(最終日16:00まで)
会期中無休

イギリスに暮らしていた1998年の6月に、フードイラストレーションの連載から始まったCOUNTRY LIVING誌での仕事。
現在も毎月、ガーデニングのページのための小さな水彩画を、ロンドンのナショナル・マガジン社の編集部に送っています。
この10年間に制作した300点を超える小品から選んだ原画を50点あまり。
掲載誌も、なるべくたっぷりご覧いただきたいと考えています。
憧れだった人気女性誌の制作にこれほど長く関わることができ、イラストレーターとしてたいへん幸せに思います。
明るくて愉しい作品がいっぱいですので、ぜひ観にいらしてください。

― 河田ヒロ

■作品紹介
作品サムネイル 作品サムネイル 作品サムネイル 作品サムネイル
※クリックすると別ウィンドウが開きます
プロフィール
武蔵野美術短期大学デザイン科卒。

イラストレーターとして活動後、1994年渡英。ロンドン郊外、ウィンブルドンに暮らす。

英・'The Art Group Ltd.' より、グリーティング・カード、アート・ポスターを発表。
また、1998年から帰国後の現在まで、月刊誌 'COUNTRY LIVING' (National Magazine Company)のレギュラー・イラ ストレーターを務めている。

99年帰国。
以来日本をベースに、内外の雑誌、挿絵、装丁のためのイラストレーションのほか、エッセイ、ホームファニシングのデザインなど、活動の場を広げる。

新潮社「波」にて、庄野潤三氏連載「うさぎのミミリー」(2001年)、「けい子ちゃんのゆかた」(2004年)の挿絵を担当。
これまで、庄野氏の著書、6冊の装画を担当する。

2002年より「ギャラリー東京映像」にて、水彩画とコラージュの作品展を年に一度のペースで、また2006年より都内にて、水彩、コラージュ、ハンドクラフトの講座を開催。

著書に『イギリス暮らしの雑記帖』(KKベストセラーズ)、翻訳も試みたマザーグースのコラージュ絵本、『お砂糖とスパイス』(H& I)がある。

ウェブサイト:
http://plaza.across.or.jp/~t-kawada/