備前焼 高見勝代作陶展

2007年10月17日(水)~10月22日(月)
12:00~19:00 (最終日のみ16:00終了)
会期中無休

作家コメント
伝統の中にモダンさを取り入れ、楽しく使える備前焼作品です。
ぜひご高覧ください。


■作品紹介
※クリックすると別ウィンドウが開きます

高見勝代

<略歴>

昭和22年 岡山市浅川に生まれる

昭和41年 画家 青木正春氏に洋画を学ぶ

昭和48年 ヨーロッパの三大峰アイガー、マッターホルン、モンブランを征服

昭和49年 中村六郎氏の作品に魅せられて陶芸の世界に入る

昭和53年 独立して浅川に窯を築く
丸善画廊(岡山)で個展 三回

昭和57年 日本工芸会中国支部展入選 以降連続入選

昭和57年〜平成19年 明日香画廊(岡山)で個展 十三回

昭和60年〜平成14年 ぎんざ三越で個展 五回

平成4年  田部美術館「茶の湯の造形」展入選

平成8年〜平成17年 ぎゃらりー五彩(名古屋)二人展で個展 五回

平成12年〜平成18年 ギャラリー佳織(神戸)で個展 四回

平成15年 八ヶ岳倶楽部(山梨)で個展

平成17年〜平成19年 ギャラリー東京映像で個展 二回